2003年12月5日〜2004年2月15日⇒ジロの預かり日記............................. 
...................................... ≪2004年2月16日⇒里親日記開始≫
..................................
☆彡天使たちの詩☆彡。。♪♪

ホームページ一言メッセージ他の日記を読む

更新履歴

2008,12,26 長い間ありがとうございました。
2008,12,24 ジロが天に召されました
2008,12,17 ジロが天に召されました
2008,12,15 ジロが天に召されました
2008,12,14 ジロが天に召されました
2008,12,13 ジロが天に召されました

前の月

12月の日記

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

     
             

長い間ありがとうございました。 2008,12,26



nanayamukabuさんが「天使たちの詩」を5年前にスタートされてから、
たくさんの人達が、未だにジロのことを忘れないで見守って下さってた。
ジロが亡くなって、たくさんの方からメッセージをいただいて、ジロはたくさんの
人達に愛されていたワンコだったと、実感して有り難かった。
ジロはとても幸せなワンコだった。

皆さんからのやさしいお言葉で、ジロは安らかに眠れます。
父と母、感謝でいっぱいです。ずいぶん癒されました。

ジロを助け出して、私たちの家族として送り出して下さったnanayamukabuさん
そして千葉ワンのスタッフの皆様、そしてジロのこと見ていて下さった皆様、
今まで本当にありがとうございました。

ジロ日記今日でおしまいです。
つたない母の親バカ日記でしたが、最後まで読んで下さってありがとうございました。
ジロを愛して下さってありがとうございました。
ジロと父と母の3人から、心よりお礼申し上げます。


父と母は、新しいワンコを迎えることを考え始めていて、
ご縁があったら家族として迎えたいと思っています。
この「天使たちの詩」は今日で終わりにしたいと思ってますが、
いつか☆彡天使たちの詩☆彡。。♪♪〜神戸編〜
で、そのご報告が出来かもしれません。


☆彡天使たちの詩☆彡。。♪♪〜神戸編〜では、もう少しだけジロの画像をUPします。
どうぞよろしくお願いいたします。








        笑顔のジロの写真を見るたびに、ジロと私たちは確かに幸せを
        分け合っていたと感じる。

        ジロは姿が見えなくなったけど、住む場所が変わっただけ。
        いつも父と母の心の中にいる。
        ジロがいる場所は、いちばんあたたかくて、いちばんふわふわして
        いるとっておきの場所。
        いつかまたジロに会える日まで、ジロが心配しないように、
        父と母は、生きていくね。

        ジロ、父と母のところに来てくれてありがとう。
        ず〜っとず〜っと・・・愛しているよ。

ジロが天に召されました 2008,12,24


ジロは、その生涯の中で、大きな仕事を果たした。
我が家にやってきて、父と母をずいぶん幸せにしてくれた。
ジロと暮らして毎日がぐ〜んと楽しくなった。
ジロにプレゼントをもらっているような毎日だった。
かけがえのない家族だった。

病気もしたけど、今年の夏まではずっと元気でいてくれた。
もっともっと一緒に居て欲しかった。
でも時間の長さだけが、ジロとの絆じゃないと思っている。
ジロがいなくなった時は、ジロのいない毎日が嫌で嫌でたまらなかったけど、
最近はジロが我が家に来てくれた意味を、やっと少しずつ考えられるように
なった。

ジロからもらったものは、いっぱいあって言葉で言い尽くせない。
ジロには、ありがとうと感謝の気持ちでいっぱい。
ジロと過ごせて、私たちの人生が変わり、ジロが教えてくれたことは、
いっぱいあった。
それを忘れないで生きていくことが、ジロが一番喜ぶことだと思っている。

☆彡天使たちの詩☆彡。。♪♪〜神戸編〜
写真中心のブログです。ぜひご覧下さい。



          いつも人の顔をじっとみて、状況を読んだ。
          賢くて、やさしくて、静かで、健気で・・・大好きだったジロ。
          私たちには勿体ないくらいのワンコだった。

ジロが天に召されました 2008,12,17



ジロと初めて会った日のことを、よく思い出す。

家族を迎えようと、千葉ワンのページでジロを見つけた。
「この子と暮らしたい。」と直感で思ってから、ジロに早く会いたくてしかたなかった。

当時住んでたつくば市まで、お見合いのため車に乗ってきたジロ。
nanayamukabuさんに抱かれて車から降りてきたジロは、知らない所に来て、
とても怯えた顔をしていた。
婿入りした日もそうだった。今にも泣きそうだった。
あんな怯えた犬の顔は、初めて見たくらいだった。

来て間もない頃は、背中越しに名前を呼ぶと、ブルブル震えていた。
ジャーキーをあげた途端に、夢中で食べた。
その時、保護されるまでがどんなに過酷な環境だったのか実感した。


これからはジロを守ってあげなくちゃ!と思った。
でも、実際守ってくれたのはジロの方だった。
ジロのおかげで、弱かった母は少しは強くなれた。前みたいにへこたれない。

静かなジロと、静かな時間。
やさしいジロと、やさしい時間。

当時母が望んだ通りの穏やかな時間を一緒に過ごし、ジロはたくさんのものを
与えてくえた。


☆彡天使たちの詩☆彡。。♪♪〜神戸編〜
写真中心のブログです。ぜひご覧下さい。






            ジロのキラキラした瞳が大好きだった。

ジロが天に召されました 2008,12,15


昨日書き忘れたけど、ジロはご近所さんが会いに来てくれると電話があってから
落ちていた食欲が急に出てきた。好きなものばかりだけど、たくさん食べた。
ご近所さんが来てくれた後は、獣医さんに奇跡的と言われるくらいの回復があった。
きっと大好きな人達が会いに来てくれて、やさしい気持ちを受け取ったからだと思う。
気持ちや願いは、通じるんだと教えて貰った。

そしてジロが亡くなってからも、このお二人から何度もメールをいただいた。
元気だして!と。何より嬉しいメールだった。


つくば市でお世話になった獣医さんは、ほんの数回ジロを診察しただけで、

「すごく気を遣う子で、周りの状況をすぐ読む。そうなったのは、
 相当苦労してきたから。今も気を遣っている。」とおっしゃった。

「いつも良い子でいなくちゃと思ってる。」とも言われた。

その時は、ジロを迎えて1年以上経ってたし、だいぶん我が家にも慣れてきたところ
だったので、

「今も気を使うことなんてないのに・・・バカだな、ジロ。
 もっと甘えて、わがままになったらいいのに。。。」

そう思いながら、帰り道に涙を流しながら運転したのを覚えている。



診察は怖いけど、ジロはこの病院が好きだった。
いつも診察が終わると毎回ジャーキーを一つくれるから。

診察中はカチカチで泣きそうなのに、診察台から降りると、
「先生、ジャーキーちょうだい!!」と大急ぎで先生に飛びつく。
それがスイッチを切り替えたみたいに180度ころっと変わるので、
先生も看護師さん達も笑顔になった。
「あっ!!ジロ君だ!」といつもスタッフの皆さんに可愛がってもらった。


☆彡天使たちの詩☆彡。。♪♪〜神戸編〜
写真中心のブログです。ぜひご覧下さい。





           ジロと富士山。車酔いしないジロと色んな所へ行った。
           

ジロが天に召されました 2008,12,14


久しぶりにご近所さんと再会した時、ジロはぼんやりしていたけど、
「ジロ君、散歩行こうか?」毎日聞いていたその言葉を聞いた途端、
慌てて立ち上がって、玄関までしっぽを振って走っていった。
ちゃんと覚えていた。

車で公園に行っても、驚くほどしっかり歩いた。
その頃はすでに、大好きだった散歩も嫌がるようになり、歩くものやっと。
歩幅も5センチくらいだったのに、元気な頃のようにしっぽを立てて歩いた。
その日の診察で獣医さんに話すと、だいぶん頑張ったんじゃないですかと
言ってたけど、ジロはきっと元気な姿を見てもらいたかったと思う。

「ジロ君は、我が家のアイドルよ。」といつも言って下さり、
家族皆でジロを可愛がって下さった。
ご主人は車で帰って来る時、道でお会いすると必ず車から降りてジロを撫でてくれた。
お家の玄関にジロ専用のおやつを常備してくださってて、会った時は必ずおやつを
くれるから、ジロは毎回大喜びしていた。
神戸に引越しても、ジロは自分の前に車が止まると、茨城のご近所さんじゃないかと
急いで駆け寄っていた。

ジロは茨城で幸せいっぱいに過ごせて、毎日楽しそうだったのは、
このご近所さん一家が可愛がってくれたおかげだ。
茨城では、犬友達もいっぱいいた。プロレス友達もいた。飼い主さんとも
顔見知りの人が多かった。
他にもジロを可愛がってくれるご近所さん達もいて、ジロは家の玄関を出ると、
誰か知ってる人はいないかと、いつもきょろきょろしていた。
特に、散歩に連れていってくれるご近所さんのお宅を通ると、毎回立ち止まり、
玄関から誰か出てこないかとワクワクして待っていた。

ジロは茨城時代をとても楽しそうに過ごした。
やさしいご近所さん達にお世話になって、父も母も住み心地が良かった。
ジロがいてくれたからご近所さん達と仲良くなれた。
ジロが作ってくれたご縁だった。



ジロは大好きで、大事な人達に会えて、旅立つことが出来た。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


☆彡天使たちの詩☆彡。。♪♪〜神戸編〜
画像がたくさん掲載できるブログを開設しました。
今更で申し訳ないのですが。。。
この日記と並行してUPするので、ぜひご覧になって下さい。
もしコメントをいただけるなら、新しいブログ「神戸編」の方へ
いただけると有り難いです。
こちらの一言メッセージは古いものがどんどん消えてしまって勿体ないので。



ジロが天に召されました 2008,12,13
ジロが亡くなる4日前、nanayamukabuさん ご一家がジロに会いに来て下さった。
その日は容態も安定していて、落ち着いていたジロ。
もう起きあがる力は無くなっていたけど、皆さんの顔をじっと見ていた。
ジロの命の恩人だから、ジロも嬉しかったに違いない。
ジロが旅立つ前、お会い出来て本当に良かった。

茨城県に住んでいた時のご近所さんも、ジロに会いに駆けつけて下さった。
毎日ジロを散歩に連れて行ってくれたジロの大好きな人。
ジロの容態が悪いと知ると、一緒に可愛がってくれた都内に住む娘さんと
すぐに新幹線で会いに来てくれた。
人のお見舞いでもなかなか行けないのに、有り難くて本当に嬉しかった。
亡くなる12日前だった。

                                 明日へ続く。






       今年の3月、茨城にて。
       ご近所さんと夕方の散歩に出掛けるジロ。
       ご近所さんとジロとのペアは、周りにすっかりお馴染みだった。
       ジロは、散歩に迎えに来てくれたら、玄関と門扉の前でひとしきり
       大興奮するのが日課だった。
                   

ジロが天に召されました 2008,12,9




ジロが患っていたのは、肝臓だけではなかった。
去年、二度の悪性腫瘍の切除を受けたジロ。父と母、かなり心配したけれど、
幸い腫瘍は小さかったので、傷も小さくて済み、術後は順調に回復してくれた。
最初に切除したのは再発ばかりすると言われてる肥満細胞種だったけど、
サプリメントで免疫力をつけ、その後再発はしなかった。

それまであまりじゃれたりしなかったのに、その時から一生懸命じゃれてきた。
散歩に行くと、必ず芝生や草の上でひっくり返り、身体をクネクネした。
「元気だして!」「楽しいよ。」と励ましてくれてるようだった。
母の気持ちを良く読み、健気でやさしい子だった。
そしてジロは、本当に強い子だと思った。

ジロは推定年齢6才だったけど、今の獣医さんに、推定8才から9才と言われた。
8才から聞こえる心臓の雑音がするのと、レントゲンの背骨の様子から判断する
らしい。

ジロの顔は幼いとよく言われていたし、まだまだ若いと思ってたし、
6才だったと信じたい。
8才か9才とすると、保護されるまでの時間が今までの予想より長かったことに
なってしまうから。







          公園で甘えてるところ。
          芝生の上では、必ずひっくり返りクネクネした。
          大きな公園が大好きだったジロ。
          目をキラキラさせて嬉しそうに歩いた。

   

ジロ日記 再開します 2008,12,8



長く休んでしまいました。
ジロ日記再開しようと思います。
毎日続けてはUPできないかもしれませんが、
今月中に書き上げたいと思っています。

昨日、ジロの眠る動物霊園で月一回の合同の法要がありました。
ジロの49日は少し先ですが、一緒に供養してもらって
父と母の気持ちも落ち着きました。










          ジロは散歩が大好きで、上手だった。
          決して引っ張らず、母の歩調に合わせて歩いた。
          母が立ち止まると、優しい顔で「どうしたの?」って
          振り向いてくれる。
          その顔が見たくて、わざと時々立ち止まった。

          今、もし神様が一つだけ願い事を叶えてくれるなら
          写真の中に入っていってジロと散歩がしたい。




























inserted by FC2 system